子宮筋腫の症状を知っておくと早期発見できます

先生

妊娠するために

喜ぶ男性

男性不妊にはさまざまな種類があります。不規則な生活を送っていると精子に影響してしまうので改善するようにしましょう。正しい予防法を知っておくと自然妊娠することができるかもしれません。

もっと読む

正しい栄養のとり方

妊婦さん

妊娠中の食事によって胎児の健康管理をすることができます。生の魚や肉にはトキソプラズマが付着している場合があるので注意が必要です。特に外食する時には食中毒などの心配があるので注意が必要でしょう。

もっと読む

症状の種類

医者

子宮筋腫は子宮内にできる良性の腫瘍です。40歳以上の女性に多く見られる病気と言われていて、腫瘍の大きさは人によって違います。子宮筋腫は眼とは違い転移や組織破壊をすることはありませんが、筋腫が大きくなると月経の量が多くなったり、月経痛や腰痛が強くなったりします。子宮筋腫による月経痛は陣痛に近い痛みと言われていて、放っておくと月経量が原因で貧血になってしまいます。女性ホルモンが低下してくる閉経後に多くみられる症状とされています。子宮筋腫の治療は婦人科で受ける事ができますが、筋腫が大きい場合には摘出手術を行っています。子宮内の筋肉の中に筋腫がある場合にはあまり問題ありませんが、子宮に飛び出している場合には早めの対処が必要です。
月経痛が軽い人や月経量が多くない人は子宮筋腫に全く気づくことができないかもしれません。定期的に婦人科で検診をしている人は問題ありませんがそうでない人は症状を知っておくことで早期発見できるでしょう。子宮筋腫の症状で代表的な物は月経時の出血量や痛みですが、触って確認することもできます。仰向けになって下腹部を触り、こぶのようなものがある場合には子宮筋腫の可能性があります。排便するときに子宮のあたりに痛みを感じたり、トイレに行く回数が増えてきたらすぐに婦人科を受診しましょう。子宮筋腫はあまり自覚症状がないため、気づく人も少ないですが、事前に症状を知っておくことで悪化を防げます。もし子宮筋腫になってしまっても適切な治療を受けることで今まで通りの生活を送ることができます。

生理不順の恐ろしさ

看護師

大阪ではストレスが原因で生理不順になっている女性がとてもたくさんいます。放っておくと将来妊娠しにくくなるので、早めに婦人科へ受診することが大切です。受診する時には事前に準備しておくことを把握しておくと安心ですね。

もっと読む