子宮筋腫の症状を知っておくと早期発見できます

乳児と婦人

妊娠するために

喜ぶ男性

晩婚化が進んでいる日本では、多くの男性が男性不妊で悩んでいます。約10人に1人が不妊体質と言われていて、その原因も様々あります。女性が妊娠するためには元気な精子が必要なので、多くの男性が子供を作るために専門的な治療を行っています。将来子供が欲しいと思っている人は男性不妊の原因を知っておくことで予防することができるかもしれません。男性不妊で最も多いのが無精子症です。無精子症とは精液の中に精子がない状態のことを表しています。無精子症の場合には精子の数を増やすことができないので、男性不妊の中でもとても深刻とされています。精子無力症は精液の中に精子は含まれていますが、量がとても少ないので性交してもなかなか妊娠することができません。精子無力症は体外受精をすることで妊娠確率を上げる事ができるので多くの人が行っている治療法になっています。
男性不妊のほとんどの原因が精子にあります。女性は月に一回しか排卵できませんが、男性の場合は毎日精子を作ることができます。精子の活動にはメカニズムがあり、それを理解しておくことで男性不妊を予防することができます。毎日飲酒や喫煙、不規則な生活をしていると精子に影響してしまいます。またストレスにも弱いので、仕事などでストレスを抱えている人は男性不妊に待ってしまう確率が高くなります。男性不妊を改善・予防するためには、ストレスをなるべくため込まず、規則正しい生活を送ることが重要です。